調理に欠かせないまな板

調理に欠かせないといえば、やはり包丁とまな板があげられるのではなでしょうか。
我が家では、かつて祖母が木のものを使っていたのを懐かしく感じています。
手入れが大変ということもあり、我が家では、今は抗菌タイプのお手入れが簡単なものを選んでいますが、お手入れはとても楽で清潔に使えるのですが、やはり音はかなり違うなと感じています。
我が家では母があまり料理をしなかったこともあり、いわゆるおふくろの味というのは、祖母が作ってくれたご飯なのですが、食事の用意をするときの包丁とまな板のトントンという音が好きでした。
手入れはかなり大変だったようで、色が変わってきたら、漂白剤につけたり、日頃は熱湯で消毒したり、さらに日光消毒なのか、外で日光に当てていたのも覚えています。
毎日のお手入れが大変なこともあり、つい使わなくなってしまっていますが、懐かしさもあり、正しいお手入れ方法を調べて、大事に使っていければ良いなと感じています。

»木のまな板の手入れ方法 [家事] All About

おすすめWEBサイト 5選

陰山泰成
http://www.e-dentist.co.jp/magazine/keiei/66_090601

Last update:2016/12/16